阿呆・阿房(読み)あほう

大辞林 第三版の解説

あほう【阿呆・阿房】

( 名 ・形動 )
〔近世以降「あほ」とも。「阿呆」「阿房」は当て字〕
愚かなさま。また、愚かな行動、愚かな人。ばか。 「 -な奴」 「 -なことをする」 「 -を言う」
人をののしっていう語。ばか。たわけ。 「この-め」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android