コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿弥陀籤・阿弥陀籖 あみだくじ

大辞林 第三版の解説

あみだくじ【阿弥陀籤・阿弥陀籖】

人数分の線を引き、一端に当たりはずれを書いて隠したくじ。もとは、一端にそれぞれ異なる金額を書いて隠し、各自が引き当てた金額を出させ、集めた金で茶菓子などを買い平等に分配したもの。あみだ。 〔線の引き方が放射状で、阿弥陀仏の後光に似ていたからという〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

阿弥陀籤・阿弥陀籖の関連キーワード阿弥陀仏茶菓子