阿毘達磨俱舎論(読み)あびだつまくしゃろん

世界大百科事典 第2版の解説

あびだつまくしゃろん【阿毘達磨俱舎論】

インドの仏教論書。世親(バスバンドゥ,5世紀ころの人)著。サンスクリット名アビダルマコーシャバーシャAbhidharmakośabhāṣya。略称《俱舎論》。サンスクリット本,チベット訳,漢訳2種が現存。漢訳では,真諦訳22巻(564年),玄奘訳30巻(651年)のうち,おもに後者が用いられる。説一切有部の説を主とし,他部派の説も加えて,仏教哲学の基本的問題を整理したもの。8品からなり,界・根品で基礎的範疇を説明し,世間・業・随眠品で迷いの世界を解明し,賢聖・智・定品で悟りに至る道を説く。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の阿毘達磨俱舎論の言及

【俱舎宗】より

世親の《阿毘達磨俱舎論》(アビダルマコーシャAbhidharmakośa)およびその注疏を中心として諸経論を研究・講義し,師資相承する学僧たちの学団をいう。俱舎衆,薩婆多(サツバタ)宗ともよばれた。…

※「阿毘達磨俱舎論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android