コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿波井堰

1件 の用語解説(阿波井堰の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

阿波井堰

チッソが、下流にある栗野水力発電所(出力2200キロワット)の取水用として1919年2月につくった固定堰。町の資料によると幅約26メートル、高さ約5メートル。旧栗野町北方地区の農業用水にも取水されている。89年からチッソは水俣工場への送電を止め、九電に売電している。06年の水害で堰上部が幅約20メートル、高さ約1メートルにわたって壊れた。このため、チッソが湧水町に修理を申し入れたが、町は同意していない。チッソの水利許可期限は10年更新で、今の期限は11年3月末。

(2007-10-21 朝日新聞 朝刊 鹿児島全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阿波井堰の関連キーワードサージタンク水力発電発電所建徳水路式発電ダム式発電発電小水力発電雲峰神流川発電所

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone