コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿波戦争

1件 の用語解説(阿波戦争の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

阿波戦争

三木武夫元首相と後藤田正晴元副総理の派閥に分かれ、70年代半ばから80年代にかけ、徳島の選挙でみられた保守同士の激しい対立。きっかけは1974年の参院選。徳島選挙区(1人区)で、田中角栄首相(当時)の「懐刀」と言われた後藤田氏が新人として自民党の公認を受け、公認漏れした三木派の現職・久次米健太郎氏との一騎打ちとなった。「三角代理戦争」と呼ばれ、予想を覆して久次米氏が当選、400人以上が選挙違反で摘発された。藍住町は久次米氏の地元で、その後も激しい争いが続いた。

(2008-02-21 朝日新聞 朝刊 徳島全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阿波戦争の関連キーワード三木武吉皇道派副総理三木武夫無派雨天の友河本敏夫後藤田正晴鈴木武夫藤田正明

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone