コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿賀沖油・ガス田 あがおきゆガスでん

1件 の用語解説(阿賀沖油・ガス田の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あがおきゆガスでん【阿賀沖油・ガス田】

1972年に発見され76年に生産を開始した日本で最初の本格的海洋油・ガス田。新潟市の北東約15km,水深80mの沖合にある。この油・ガス田を形成している地質構造は,浅部では一つのドーム状を示すが深部では東と西の二つの背斜をなし,その二つの背斜構造の頂部付近に油やガスが賦存している。産ガス層は鮮新世西山層下部の砂岩層,産油層は中新世椎谷層上部の砂岩層で,深度は約1800~2300mにわたっている。この両背斜のほぼ中央部,水深82mの海底に,掘削・生産兼用のプラットホームが設置され,同所より14坑の生産井が設けられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

阿賀沖油・ガス田の関連キーワードAmazon.comシュリーマンセリウム孫子エブラ開祖カリロエテミストラリッサ人形峠環境技術センター

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone