コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿賀沖油・ガス田 あがおきゆガスでん

世界大百科事典 第2版の解説

あがおきゆガスでん【阿賀沖油・ガス田】

1972年に発見され76年に生産を開始した日本で最初の本格的海洋油・ガス田。新潟市の北東約15km,水深80mの沖合にある。この油・ガス田を形成している地質構造は,浅部では一つのドーム状を示すが深部では東と西の二つの背斜をなし,その二つの背斜構造の頂部付近に油やガスが賦存している。産ガス層は鮮新世西山層下部の砂岩層,産油層は中新世椎谷層上部の砂岩層で,深度は約1800~2300mにわたっている。この両背斜のほぼ中央部,水深82mの海底に,掘削・生産兼用のプラットホームが設置され,同所より14坑の生産井が設けられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

阿賀沖油・ガス田の関連キーワード出光興産(株)阿賀沖北油田

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android