コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿里海牙 アリハイヤー Arikh‐khaya

1件 の用語解説(阿里海牙の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アリハイヤー【阿里海牙 Arikh‐khaya】

1227‐86
中国,元初のウイグル人の将軍。ビシバリク(北庭)の出身。皇太子時代のフビライに仕え,南宋遠征に参加,1273年(至元10)襄陽をおとしいれたのち,臨安に進むバヤン(伯顔)・アジュル(阿朮)の主力軍と別れ,湖南・広西地方を平定した。奥地の少数民族を服属させ,緬国(ビルマ)に出兵,占城(ベトナム)遠征計画にも加わり,湖広行省左丞相となった。晩年サンガ(桑哥)一派と争い,都で自殺した。【植松 正

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

阿里海牙の関連キーワード日観ウイグル語回鶻五族掻い繰るウイグル族ウイグル族と独立運動ウルムチ騒乱新疆の国境

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone