コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿里海牙 アリハイヤーArikh‐khaya

世界大百科事典 第2版の解説

アリハイヤー【阿里海牙 Arikh‐khaya】

1227‐86
中国,元初のウイグル人の将軍。ビシバリク(北庭)の出身。皇太子時代のフビライに仕え,南宋遠征に参加,1273年(至元10)襄陽をおとしいれたのち,臨安に進むバヤン(伯顔)・アジュル(阿朮)の主力軍と別れ,湖南・広西地方を平定した。奥地の少数民族を服属させ,緬国(ビルマ)に出兵,占城(ベトナム)遠征計画にも加わり,湖広行省左丞相となった。晩年サンガ(桑哥)一派と争い,都で自殺した。【植松 正】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

阿里海牙の関連キーワードアジュ(阿朮)

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android