コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

降りかかる火の粉は払わねばならぬ ふりかかるひのこははらわねばならぬ

大辞林 第三版の解説

ふりかかるひのこははらわねばならぬ【降りかかる火の粉は払わねばならぬ】

降りかかってくる災いや危険は自分自身で積極的に防御しなければならない、というたとえ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

降りかかる火の粉は払わねばならぬの関連キーワード降り掛かる・降り懸かる・降り掛る・降り懸る自分自身たとえ災い

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android