限ある道(読み)かぎりあるみち

  • ある道(みち)
  • かぎり

精選版 日本国語大辞典の解説

① (寿命に限度があるために行かなくてはならない道の意から) 死出の旅路。限りの道。
※源氏(1001‐14頃)椎本「いかでかはおくれじと、泣き沈み給へど、かぎりあるみちなりければ、何のかひなし」
② 日数の限られている旅。
※東関紀行(1242頃)車返より湯本「かぎりある道なれば、〈略〉なほ行きすぐる程に箱根の山にも着きにけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android