院内助産所と助産師外来

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日本看護協会の定義によると、院内助産所は、緊急時の対応ができる病院で、助産師妊産婦やその家族の意向を尊重しながら、妊娠から産後1カ月まで正常異常の判断をし、お産を介助するシステム。一方、助産師外来は、病院の中で医師診察と並行し、助産師が自律して健診保健指導を行う。助産師と医師の役割分担・緊急時の連携になる。04年の就業助産師数は約2万5千人で、85%が病院や診療所に勤務し、開業助産師は7%。助産師数は1951年の約7万8千人をピークに減少を続けたがここ数年は漸増している。

(2006-06-30 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android