陣痛促進剤(子宮収縮薬)

  • 子宮収縮薬
  • 陣痛促進剤

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

陣痛を起こしたり強めたりする陣痛途中で弱まったり、出産予定日を過ぎても陣痛がなかったりして、赤ちゃんに危険が及ぶのを防ぐ目的などで使われる。日本産科婦人科学会の2010年の調査では、難しいお産を主に扱う大学病院などでの出産8万3千件のうち、25%で使われていた。昼間の出産を望んだり、出産日を調節したりする目的で使うは大きく減っている。

(2013-05-08 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

陣痛促進剤(子宮収縮薬)の関連情報