コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陣痛促進剤(子宮収縮薬)

1件 の用語解説(陣痛促進剤(子宮収縮薬)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

陣痛促進剤(子宮収縮薬)

陣痛を起こしたり強めたりする薬。陣痛が途中で弱まったり、出産予定日を過ぎても陣痛がなかったりして、赤ちゃんに危険が及ぶのを防ぐ目的などで使われる。日本産科婦人科学会2010年の調査では、難しいお産を主に扱う大学病院などでの出産8万3千件のうち、25%で使われていた。昼間の出産を望んだり、出産日を調節したりする目的で使う例は大きく減っている。

(2013-05-08 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陣痛促進剤(子宮収縮薬)の関連キーワード後陣痛陣痛陣痛促進剤微弱陣痛柱引き虫が起こる虫が齧る虫を起こす陣痛誘発剤陣痛発来

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone