コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

除斥期間の根拠

1件 の用語解説(除斥期間の根拠の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

除斥期間の根拠

不法行為に対する損害賠償の請求権がなくなる期間は、「時効」と異なり、当事者の事情に関係なく進み、中断することはないとされる。法律上の明文規定はなく、最高裁が89年の判決で「不法行為があった時から20年が経過すると、損害賠償の請求権は時効で消滅する」という民法の条文が除斥期間を定義しているとの解釈を示したことが根拠となっている。

(2009-04-29 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

除斥期間の根拠の関連キーワード共同不法行為損害賠償不法行為民事責任代位被害者違法行為関連請求損害賠償請求権不当利益返還請求権

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone