コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

除草ヤギ じょそうやぎ

1件 の用語解説(除草ヤギの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

除草ヤギ

雑草を駆除するのに用いられるヤギの通称で、ヤギが雑草を食べることで除草を行う。草刈り機から発生する二酸化炭素(CO2)や騒音、廃棄物がなくなるため、環境に配慮できるのが、その特徴。特に人や機械の作業が困難な斜面地での除草などに高い効果を発揮し、1頭当たり1カ月で100㎡分の草を食べるともいわれている。糞はあまり臭わず、すぐに土へ還る。除草ヤギの活用は団地や大学の敷地、河川敷や公園などで用いられており、住民の交流といった除草にとどまらない副次的な効果も指摘されている。

(2014-8-20)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

除草ヤギの関連キーワード数体系駆虫除する宮城野信夫モップビール麦ヤギ乳農林水産省の農薬を使わずに病害虫を駆除する方針ふゆみずたんぼ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

除草ヤギの関連情報