コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陪審員制度

1件 の用語解説(陪審員制度の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

陪審員制度

陪審法に基づいて1928〜43年に実施。国民の中からくじで選ばれた陪審員が、放火や殺人事件などの重大な刑事事件の審理に立ち会った。有罪か無罪かを陪審員だけの多数決で判断し、有罪の場合の量刑は裁判官が決めた。一方、裁判員は裁判官と対等の立場で、事実認定から量刑判断まですべてを担う。

(2008-05-25 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

陪審員制度の関連キーワード治安維持法稲垣浩松竹(株)戦争文学張作霖サスーンサン・モリッツゼーガースマクリーシュインブリ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

陪審員制度の関連情報