コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陪審員制度

1件 の用語解説(陪審員制度の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

陪審員制度

陪審法に基づいて1928〜43年に実施。国民の中からくじで選ばれた陪審員が、放火や殺人事件などの重大な刑事事件の審理に立ち会った。有罪か無罪かを陪審員だけの多数決で判断し、有罪の場合の量刑は裁判官が決めた。一方、裁判員は裁判官と対等の立場で、事実認定から量刑判断まですべてを担う。

(2008-05-25 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陪審員制度の関連キーワード参審制損害賠償朝鮮人強制連行認可法人陪審制憲政施工図緊急防除日本の陪審裁判戦前の陪審裁判

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

陪審員制度の関連情報