コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陰・蔭・翳 かげ

大辞林 第三版の解説

かげ【陰・蔭・翳】

光がさえぎられて当たらない所。 「ビルの-になって日当たりが悪い」
物などにより視線がさえぎられ見えない所。 「電柱の-に隠れる」 「草葉の-」
人の目のとどかない所。 「 -の人」 「 -で悪口をいう」
表面にあらわれない所。物事の裏面。 「勝利の-にはたゆみない努力がある」 「犯罪の-には女あり」
はっきりとはしないが、どこか暗い感じがすること。 「 -のある表情」
「陰祭かげまつり」の略。
恩恵を与えること。また、その人。 「たれを頼む-にて、ものし給はむとすらむ/源氏 若菜上」 → 御蔭おかげ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android