コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陰茎がん いんけいがんPenile Cancer

1件 の用語解説(陰茎がんの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

いんけいがん【陰茎がん Penile Cancer】

[どんな病気か]
 陰茎(いんけい)の亀頭部(きとうぶ)や包皮(ほうひ)に発生する皮膚がんの一種です。高齢者に発生しますが、比較的頻度の少ない病気です。
 亀頭がいつも包皮でおおわれていて、恥垢(ちこう)がたまったりして亀頭部が清潔でないと、発生する危険が高いといわれています。
[症状]
 初期には、陰茎に小さなしこりを触れますが、痛みはありません。進行してくると、しこりは大きくなり、陰茎の表面に潰瘍(かいよう)が生じて汚くなり、悪臭を放つようにもなります。このころになると、鼠径部(そけいぶ)にもしこりを触れたりします。
 放置すると生命に危険がおよびますので、早く専門医を受診しましょう。触診と視診で診断できることが多いのですが、真性包茎(しんせいほうけい)(「包茎」)の場合では困難なこともあります。組織を一部採取して細胞の性質を調べる生検(せいけん)で、診断を確定する必要があります。ときには鼠径部のリンパ節を採取して、転移の有無を調べることもあります。
[治療]
 治療としては、抗がん剤を使いながらの放射線照射が多く行なわれますが、放射線照射だけの場合もあります。日数は2か月くらいかかります。
 陰茎を一部切断したり、陰茎をその根元からすべて切除し、鼠径部や骨盤部(こつばんぶ)のリンパ節を郭清(かくせい)する(取り去る)手術が行なわれる場合もあります。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

陰茎がんの関連情報