コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陳希同事件

1件 の用語解説(陳希同事件の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

陳希同事件

95年4月に当時の北京市常務副市長が自殺し、公費流用など組織ぐるみの汚職が表面化。同市に長く君臨した陳希同・共産党委書記(党政治局員)が解任された。さらに中国を代表する国有製鉄会社でトウ小平氏に近い「首都鋼鉄」に絡む汚職も発覚。これを機に江沢民国家主席は北京市の人事を一新した。陳希同被告には98年7月、懲役16年の実刑判決が言い渡された。

(2006-06-10 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陳希同事件の関連キーワード常務時の副市町村長平和市長会議アモイ事件さくら保険金事件北京市の区・県人民代表選挙10・4協定枚方談合事件合併特例区協議会

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone