コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陸そっぽう・碌そっぽう ろくそっぽう

大辞林 第三版の解説

ろくそっぽう【陸そっぽう・碌そっぽう】

( 形動 )
下に打ち消しの語を伴って、物事の程度が十分でないさま、満足な状態でないさまを表す。 「どうで-な事はねえ筈だ/滑稽本・浮世風呂 2」 「王子(=地名)の道も-にやあ知るめえ/滑稽本・浮世床
( 副 )
に同じ。ろくすっぽ。 「 -およぎもしらねえで/西洋道中膝栗毛 魯文

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

陸そっぽう・碌そっぽうの関連キーワード滑稽本魯文

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android