陸九淵・陸九渕(読み)りくきゅうえん

大辞林 第三版の解説

りくきゅうえん【陸九淵・陸九渕】

1139~1192) 中国、南宋の儒学者。字あざなは子静、号は象山しようざん。主観的心よりも客観的理を重んじる朱熹しゆきの性即理説に対し、自己の心の主体性を尊重し信頼する心即理説を唱えた。この説は、王陽明によって継承された。 → 陸王学派

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android