コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陸山会をめぐる土地取引事件

1件 の用語解説(陸山会をめぐる土地取引事件の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

陸山会をめぐる土地取引事件

小沢氏の資金管理団体「陸山会」が04年10月に購入した土地取引に絡み、購入原資となった小沢氏からの借入金4億円が04年分の政治資金収支報告書に収入として記載されず、土地代金約3億5千万円が04年分ではなく05年分の収支報告書に記載された(=04、05年分の事件)。また、小沢氏からの4億円は07年に陸山会から返済されたが、収支報告書に記載がないとされる(=07年分の事件)。この間、会計責任者だった大久保隆規、04年に事務担当者だった石川知裕、後任の事務担当の池田光智の元秘書3人が政治資金規正法違反(虚偽記載)罪で起訴された。検察は小沢氏については不起訴としたが、その後、検察審査会の「起訴議決」を受け、小沢氏も指定弁護士に同法違反罪で強制起訴された。公判は元秘書らとは別に進行する。

(2011-02-04 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陸山会をめぐる土地取引事件の関連キーワード政治献金著作権等管理団体資金管理団体政治資金団体小沢氏の事務所費問題陸山会の土地取引事件企業献金と個人献金政治資金と政務調査費偽装献金事件小沢氏と河村、石田両氏の関係

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone