コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陸軍八日市飛行場

1件 の用語解説(陸軍八日市飛行場の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

陸軍八日市飛行場

1915年、八日市町(現在の東近江市)の沖野ケ原に国内初の本格的な民間飛行場として誕生。その後、陸軍航空第3大隊を誘致し、陸軍飛行場になった。航空隊は改編を繰り返し、太平洋戦争が始まってからは偵察機や練習機のほか、戦闘帰爆撃機があった時期もある。特攻隊の訓練基地としても使われた。現在は、米軍の空襲から飛行機を守るためにつくられた「掩体壕」などが残る。

(2014-08-16 朝日新聞 朝刊 滋賀全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陸軍八日市飛行場の関連キーワード八日市滋賀県東近江市八日市金屋滋賀県東近江市八日市上之町滋賀県東近江市八日市清水滋賀県東近江市八日市町滋賀県東近江市八日市浜野町滋賀県東近江市八日市東本町滋賀県東近江市八日市本町滋賀県東近江市八日市松尾町滋賀県東近江市八日市緑町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

陸軍八日市飛行場の関連情報