隅田川・墨田川・角田川(読み)すみだがわ

大辞林 第三版の解説

◇東京都東部を流れる川。もと荒川の下流部、現在は分流の呼称。広義には北区岩淵水門から、一般には墨田区鐘ヶ淵付近から河口部までをいう。言問こととい・吾妻あずま・蔵前くらまえ・両国・永代など著名な橋が架かり、吾妻橋より下流を大川ともいう。歌枕 -ゐせきにかかる白浪の/堀河百首 古くは墨田川・角田川とも書いた
能の一。四番目物。観世十郎元雅作。さらわれた愛児梅若丸を求めて、錯乱して都から隅田川辺まで下ってきた母親が、すでに亡き我が子の霊と悲しい対面をするというもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android