コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隆光(1) りゅうこう

1件 の用語解説(隆光(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

隆光(1) りゅうこう

812-890 平安時代前期の僧。
弘仁(こうにん)3年生まれ。河内(かわち)(大阪府)の人。薬師寺で法相(ほっそう),倶舎(くしゃ)をまなぶ。元慶(がんぎょう)4年の維摩会(ゆいまえ),5年の大極殿(だいごくでん)最勝会の講師をつとめた。仁和(にんな)2年権律師(ごんのりっし)。寛平(かんぴょう)2年1月5日死去。79歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

隆光(1)の関連キーワードアショット布勢内親王エネルギー特別会計IHIの決算訂正ホクレンの生乳廃棄佐伯市平和祈念館やわらぎ徳山ダムの導水路事業1型と2型糖尿病国の教育ローンロシアの核戦力

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone