コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隆光(1) りゅうこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

隆光(1) りゅうこう

812-890 平安時代前期の僧。
弘仁(こうにん)3年生まれ。河内(かわち)(大阪府)の人。薬師寺で法相(ほっそう),倶舎(くしゃ)をまなぶ。元慶(がんぎょう)4年の維摩会(ゆいまえ),5年の大極殿(だいごくでん)最勝会の講師をつとめた。仁和(にんな)2年権律師(ごんのりっし)。寛平(かんぴょう)2年1月5日死去。79歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

隆光(1)の関連キーワードアショットアルフレッド(大王)国立図書館布勢内親王イブラーヒーム・イブヌル・アグラブミカエル1世空海エネルギー特別会計IHIの決算訂正ホクレンの生乳廃棄

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android