コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隆円(1) りゅうえん

1件 の用語解説(隆円(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

隆円(1) りゅうえん

980-1015 平安時代中期の僧。
天元3年3月4日生まれ。藤原道隆の子。延暦(えんりゃく)寺の実因の弟子。のち小松寺の住持となった実因にちなみ,小松僧都とよばれる。寛弘(かんこう)8年(1011)権(ごんの)大僧都。摂政関白の子が僧綱になったはじめての例といわれる。「枕草子」に「僧都の君」として登場。和歌をよくした。長和4年2月4日死去。36歳。通称は普賢院僧都。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

隆円(1)の関連キーワードVladimirウラジーミルウラジーミル学校の授業時数授業時間レ・ホアン黎朝宮内庁ペタペタバイト

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone