コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隆円(1) りゅうえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

隆円(1) りゅうえん

980-1015 平安時代中期の僧。
天元3年3月4日生まれ。藤原道隆の子。延暦(えんりゃく)寺の実因の弟子。のち小松寺の住持となった実因にちなみ,小松僧都とよばれる。寛弘(かんこう)8年(1011)権(ごんの)大僧都。摂政関白の子が僧綱になったはじめての例といわれる。「枕草子」に「僧都の君」として登場。和歌をよくした。長和4年2月4日死去。36歳。通称は普賢院僧都。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

隆円(1)の関連キーワードウラジーミル[大公]Vladimirウラジーミルウラジーミル1世(聖公)SI接頭語ウラジーミルボリスとグレープオットー朝美術隆円学校の授業時数

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android