隆円(3)(読み)りゅうえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

隆円(3) りゅうえん

?-? 鎌倉時代の僧。
14歳ごろに出家。宝治2年(1248)京都の琵琶(びわ)の名人法深房(藤原孝時)のもとに身をよせ,琵琶を中心とする芸能相承の次第をしるした「文机談(ぶんきだん)」をあらわす。三河(愛知県)出身。通称は文机房。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android