コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隆憲(2) りゅうけん

1件 の用語解説(隆憲(2)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

隆憲(2) りゅうけん

1340-1359 南北朝時代の僧。
暦応(りゃくおう)3=興国元年生まれ。四条隆蔭(たかかげ)の子。真言宗。師隆舜(りゅうしゅん)から京都醍醐寺(だいごじ)報恩院の坊舎,所領などをゆずられる。延文元=正平(しょうへい)11年北朝から釈迦院を安堵(あんど)され,翌年賢俊(けんしゅん)から報恩院,蓮蔵院の院務をゆずられた。権少僧都(ごんのしょうそうず)。延文4=正平14年死去。20歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

隆憲(2)の関連キーワード慈厳イワン興国雲仙・普賢岳の溶岩ドーム認定こども園大原合戦平成新山高松空襲草庵集普賢岳

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone