コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隆源(2) りゅうげん

1件 の用語解説(隆源(2)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

隆源(2) りゅうげん

1342-1426 南北朝-室町時代の僧。
康永元=興国3年生まれ。四条隆蔭(たかかげ)の養子。真言宗。貞治(じょうじ)3=正平(しょうへい)19年京都醍醐寺(だいごじ)経深(きょうじん)から報恩院の坊舎,所領などをゆずられ,院主となる。応永19年東寺長者大僧正。応永33年3月29日死去。85歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

隆源(2)の関連キーワード兼国(2)孝信在中中淹長雅長懐道尊(2)東師氏明渓光聞無言昌謹頼勝