コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

障の神・塞の神・道祖神 さいのかみ

大辞林 第三版の解説

さいのかみ【障の神・塞の神・道祖神】

さえのかみ【障の神・塞の神・道祖神】

悪霊の侵入を防ぐため村境・峠・辻などにまつられる神。旅の安全を守る神。また、生殖の神、縁結びの神ともする。さいのかみ。どうそじん。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone