コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

障害児の就学先

1件 の用語解説(障害児の就学先の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

障害児の就学先

市町村の教育委員会が子どもの健康診断をした後、専門家らによる委員会が障害の程度や保護者の希望を踏まえて審議。保護者が結果に納得できない場合は再度話し合い、就学先が変更される場合も。障害の程度が重く、個別対応が必要な時は原則1クラス6人以下の特別支援学校を勧められることが多い。集団生活が可能な場合、地域の小学校の一部に設置された特別支援学級や、通常の学級への就学を勧められることも。文部科学省は2007年に盲・ろう・養護学校を特別支援学校に一本化し、発達障害の子も含めた特別支援教育を始めた。特別支援学校・学級の児童数は増えており、09年5月現在で約12万9千人。

(2010-08-22 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

障害児の就学先の関連キーワード教育委員会健康診断指導主事教科書の採択海の健康診断学齢簿学区教育委員子どもの医療費助成健康診断書(Health Report)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone