コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

障害者の権利条約

1件 の用語解説(障害者の権利条約の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

障害者の権利条約

06年12月に国連が採択した。締約国は、差別をなくし、教育や雇用などあらゆる分野で障害者に健常者と同じ権利を保障する義務を負う。日本は07年9月に署名したが未批准。政府は批准に向けて障害者基本法を改正し、差別の定義を加えることを検討しているが、全国の障害者団体でつくる「日本障害フォーラム」は法改正では不十分として新たな差別禁止法の制定を訴えている。

(2009-06-17 朝日新聞 朝刊 香川全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

障害者の権利条約の関連キーワードCEPT気候変動枠組条約締約国会議関税譲許表生物多様性条約締約国会議イランの核開発問題国連生物多様性条約会議生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)国連安保理決議と議長声明京都議定書とCOP15国連子どもの権利条約

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone