コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

障害者の法定雇用率

1件 の用語解説(障害者の法定雇用率の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

障害者の法定雇用率

一定数以上の人がいる企業・団体に障害者の雇用を義務づけた割合。企業は達成できないと、足りない1人につき月5万円を国に納める必要(従業員200人超の場合)がある。現在は身体・知的障害者の雇用だけが義務だが、精神障害者の雇用を義務づけるかどうか国の審議会で議論されている。

(2013-02-24 朝日新聞 朝刊 奈良1 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

障害者の法定雇用率の関連キーワード障害者障害者雇用納付金制度障害者雇用率知的障害者デイケア法定雇用障害者数障害者週間障害者の雇用障害者団体向け郵便割引制度悪用事件障害者団体の証明書発行障害者福祉

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

障害者の法定雇用率の関連情報