障害者を巡る意識

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

障害者を巡る意識

2月の内閣府世論調査によると「障害者と気軽に話したり、手助けをしたことがある」は68.4%、「ない」31.6%。ない理由は「機会がなかった」「どのように接したらよいか分からない」が1、2位。障害者を対象にした04年調査では「特別な目で見られたり、同情されたり、軽蔑(けいべつ)されたりすることは耐え難い」が54.8%。

(2007-06-13 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android