コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

障害者自立支援法をめぐる訴訟

1件 の用語解説(障害者自立支援法をめぐる訴訟の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

障害者自立支援法をめぐる訴訟

福祉サービスの利用に応じて原則1割の負担を求める障害者自立支援法は、憲法が定める「法の下の平等」に反するなどとして国と地方自治体に負担廃止や損害賠償などを求め、全国の障害者ら30人が08年10月、全国8地裁に一斉提訴。今年4月には第2次提訴があり、現在13地裁で原告63人が争っている。大津地裁では8人の原告が訴えている。

(2009-09-13 朝日新聞 朝刊 滋賀全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

障害者自立支援法をめぐる訴訟の関連キーワードサービス産業マイレージサービス措置制度サービスステーションポイントサービスルームサービス応益負担応能負担障害程度の区分認定福祉サービスの第三者評価と認知症グループホームの外部評価

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone