コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

障泥∥泥障 あおり

1件 の用語解説(障泥∥泥障の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あおり【障泥∥泥障】

東アジアで考案された鞍の付属品で,馬の脇腹の下,鞍の左右にさげて,乗り手の脚に泥がかかるのを防ぐ。《貞丈雑記》の〈もとは雨天に衣服にはねつく泥を障る為のもの也,後には晴天にもこれをさして飾とする也,武用にはいらぬ物故,軍陣騎射などに用る事なし〉という記述が現在でも信用されている。画像石,銅鏡,明器,壁画などの表現によると,漢・三国・南北朝時代には長方形の障泥を鞍の下方にさげており,韓国の慶州天馬塚で出土した3例,金冠塚出土の陶質騎馬人物形容器,馬形埴輪,正倉院に残る熊皮の障泥も,この系統に属するが,唐代を境にして長方形から楕円形にかわった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の障泥∥泥障の言及

【鞍作部】より

…大和朝廷の馬具製作にあたった職業部。《日本書紀》雄略7年条に百済貢上の今来才伎(いまきのてひと)の中に鞍部堅貴の名がある。《坂上系図》には仁徳朝に鞍作村主(すぐり)らが阿智使主(あちのおみ)に従って来たと記すが,これは東漢(やまとのあや)氏の管掌下にあったことから造作されたもので,5世紀後半に百済渡来の工人を組織したものであろう。なお日本では5世紀前半より馬具が製作されているので,これ以前の工人渡来の可能性も否定できない。…

※「障泥∥泥障」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone