コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隠坊・隠亡・御坊 おんぼう

大辞林 第三版の解説

おんぼう【隠坊・隠亡・御坊】

死者の火葬・埋葬の世話をし、墓所を守ることを業とした人。江戸時代、賤民身分扱いとされ、差別された。おんぼ。おんぼうやき。
遊里で、遣り手の異名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

隠坊・隠亡・御坊の関連キーワード江戸時代遣り手埋葬異名墓所遊里火葬

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android