隠岐の古典相撲

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

隠岐の古典相撲

島の祝い事に合わせ、夜を徹して取る相撲。1795(寛政7)年ごろ、五箇地区の水若酢(みずわかす)神社の遷宮で取った勧進相撲が始まりとされ、宮相撲(みやずもう)と呼ばれた。祝い事があった座元(ざもと)と寄方(よりかた)に分かれ、力士は地域を背負って土俵に立つ。真剣勝負のあと、先勝した方が勝ちを譲る人情相撲が特徴。戦後に島の若者が減り、途絶えた時期もあったが、1972年に古典相撲として復活。ダム落成や空港の開設などで、以来14回開かれている。

(2015-03-08 朝日新聞 朝刊 島根・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android