コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隠岐の牛突き

1件 の用語解説(隠岐の牛突きの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

隠岐の牛突き

承久の乱(1221年)で隠岐に流された後鳥羽上皇を慰めようと、島民が農耕用の牛を闘わせたのが始まりと伝えられる。旧五箇村の「一夜嶽大会」のほか、旧西郷町の「夏場所大会」(8月)、旧都万村の「八朔大会」(9月、県指定無形民俗文化財)が三大大会。島内では計約70頭の牛が牛突き専用に飼われている。

(2009-10-18 朝日新聞 朝刊 島根 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

隠岐の牛突きの関連キーワード海士町承久記承久の乱隠岐院土佐院和気有興

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

隠岐の牛突きの関連情報