コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隠岐国分寺

1件 の用語解説(隠岐国分寺の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

隠岐国分寺

741年の聖武天皇の詔により創建され、かつては三重塔や仁王門などがあり、隠岐で最も壮麗な寺だったと伝えられる。元弘の乱(1331年)で鎌倉幕府と戦ったが敗れ、翌年に隠岐へ流された後醍醐天皇が、再起を図って脱出するまでの約1年間、仮住まいにした場所という説がある。根拠となる出雲市の寺に残っていた古文書によると、倒幕と王政復古を祈願した願文を、僧が1332年8月に後醍醐天皇から隠岐国分寺で賜ったとの記述があるという。一方、仮住まいが黒木御所(西ノ島町)だったとの説もあり、結論は出ていない。

(2007-02-26 朝日新聞 朝刊 大阪島根全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

隠岐国分寺の関連キーワード国分寺藤原宮子国分尼寺岩船寺古風土記国分寺建立の詔周防国分寺美濃国分寺跡馬武木刕麻那

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

隠岐国分寺の関連情報