雀鷹・雀鷂(読み)つみ

精選版 日本国語大辞典「雀鷹・雀鷂」の解説

つみ【雀鷹・雀鷂】

〘名〙 タカ科の鳥。全長は雌で約三〇センチメートル、雄は約二六センチメートルで日本産のタカ類中最小。体重は雌が約一四〇グラム、雄は約九〇グラムと差がある。上面は暗色で、下面は雌では白に暗色の横縞が多数あり、雄では胸腹が黄赤褐色、尾羽には暗色の帯がある。日本から中国にかけて分布し、秋冬には東南アジアに渡るが、日本には一部残留するものがある。森林棲で小鳥を主食とし、自分と同じくらいの大きさの鳥まで捕(と)る。雌雄の大きさと羽色が異なるため、雌をツミ、雄をエッサイと呼んでいた。《季・秋》 〔十巻本和名抄(934頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android