コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雄・男・夫・牡

大辞林 第三版の解説

お【雄・男・夫・牡】

おとこ。 「汝こそは-にいませば/古事記
おつと。 「吾はもよ女にしあれば汝をきて-は無し/古事記
他の語に付いて、複合語をつくる。
男性、または動植物が雄性である意を表す。 「ますら-」 「 -鹿」 「 -花」
一対の物のうち、「大きい」「勢いが強い」など、男性的と思われる方を表す。 「 -滝」 「 -岳」
男らしい、勇ましいなどの意を表す。 「 -たけび」
▽↔

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

雄・男・夫・牡の関連キーワード古事記一対