コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雄別炭砿

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

雄別炭砿

1889(明治22)年の資源調査を経て採炭が始まった。1923(大正12)年に釧路港まで鉄道が敷かれ、量産が本格化した。戦後、石炭は「黒いダイヤ」と呼ばれ、雄別の街も発展したが、国のエネルギー政策の転換で需要が低迷大阪万博が開かれた70年、社会が好景気に沸く中で閉山した。

(2007-03-13 朝日新聞 朝刊 1道)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

雄別炭砿の関連キーワード森鴎外内閣総理大臣饗庭篁村黒田清隆内閣ゴッホ嵯峨の屋お室スベルドラップ(Johan Sverdrup)広島(市)森有礼メネリク[2世]

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android