コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雄別炭砿

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

雄別炭砿

1889(明治22)年の資源調査を経て採炭が始まった。1923(大正12)年に釧路港まで鉄道が敷かれ、量産が本格化した。戦後、石炭は「黒いダイヤ」と呼ばれ、雄別の街も発展したが、国のエネルギー政策の転換で需要が低迷大阪万博が開かれた70年、社会が好景気に沸く中で閉山した。

(2007-03-13 朝日新聞 朝刊 1道)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

雄別炭砿の関連キーワード森鴎外内閣総理大臣黒田清隆内閣ゴッホ嵯峨の屋お室スベルドラップ(Johan Sverdrup)広島(市)森有礼メネリク[2世]ウェーリー

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android