コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雄誉霊巌

美術人名辞典の解説

雄誉霊巌

江戸前期の浄土宗の僧。知恩院三十二世。駿河生。沼津氏勝の三男。諱は肇叡、字は松風、号は檀蓮社。駿河浄運寺の増誉もと出家。下総大巌寺の貞把・雲潮のもとで修学し、同寺三世を継ぐ。江戸深川に霊巌寺を開き、のち知恩院三十二世となる。後水尾上皇に進講し徳川家の帰依も厚かった。寛永18年(1641)寂、87才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android