コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集合住宅の建て替え

1件 の用語解説(集合住宅の建て替えの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

集合住宅の建て替え

区分所有法の手続きでは、全体の戸数の5分の4以上の賛成で「建て替え決議」をすることで決まる。複数の棟からなる団地やタウンハウスの場合、一括して建て替えるには、それぞれの棟の3分の2以上の賛成が必要となる。住民の合意形成が難航したり、事業の採算性が揺らいだりして、実現まで長期間を要するケースも珍しくはない。阪神大震災では、被災したマンションの解体作業などに公費による支援が行われた。兵庫県によると、172カ所の被災マンションのうち109カ所が建て替えを選んだが、補修を主張する住民が「建て替え決議は無効」と提訴した例もある。

(2012-10-12 朝日新聞 朝刊 ちば首都圏 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

集合住宅の建て替えの関連キーワード区分所有権区分所有者区分所有法区分所有特定承継人マンション建替組合建物の区分所有区分所有権売渡請求権建物区分所有法区分所有建物

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone