コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集集線

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

集集線

台湾中西部の二水―車テイ間、29.7キロを結ぶローカル線。1919年、日本の植民統治時代に発電所の建材運搬のために建設が始まり、21年に開業した。発電所完成後も、松やヒノキなど材木や農作物の運搬などで発展。90年代になると、鉄道の貨物輸送は減少、廃止の声が出る。だが、95年ごろからのローカル線ブームで注目を集めるようになった。

(2014-08-29 朝日新聞 朝刊 ちば首都圏 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

集集線の関連情報