コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雇用・失業(読み)こよう・しつぎょう(英語表記)employment and unemployment

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雇用・失業
こよう・しつぎょう
employment and unemployment

一般に労働者が雇われていることを雇用といい,雇用されていない状態を失業という。雇用,失業が経済学上の大きな問題として取上げられるにいたった背景には,1930年代の世界的不況のもとでの失業の恒常化があった。 1936年に発表された J.M.ケインズ主著雇用・利子および貨幣の一般理論』は,こうした状況のなかで従来の古典派経済学の常識を破って不完全雇用下の均衡の成立を論証し,失業問題を社会的,政策的な次元として把握した。これ以降において雇用・失業問題は経済学の大きな中心的テーマとなっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雇用・失業の関連情報