コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雇用形態

1件 の用語解説(雇用形態の意味・用語解説を検索)

ビジネス用語集の解説

雇用形態

雇用形態とは、企業と従業員が締結する
雇用契約の採用種別のことをいいます。

一般的な雇用形態としては、
正社員契約社員派遣社員アルバイトなどが挙げられます。

これまでの雇用契約は正社員というのが主な雇用形態でしたが、
人材派遣会社の登場により、派遣社員という働き方もよく知られるようになっています。

働き手は正社員での雇用を希望するケースが最も多いが、
一方で自分らしく生きたいという個人のニーズから、
派遣社員やパート社員を選択するなど雇用形態は多様化してきつつある。

出典|転職.jp
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雇用形態の関連キーワード従業員従業員組合期間従業員従業員持株有期契約労働者エンプロイメンタビリティ障害者の法定雇用率ES(エンプロイーサティスファクション)従業員持株会

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

雇用形態の関連情報