コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雌釜-雄釜 めがまおがま

1件 の用語解説(雌釜-雄釜の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮城県〕雌釜-雄釜(めがまおがま)


宮城県大崎(おおさき)市にある間欠泉(かんけつせん)。荒雄(あらお)川に注ぐ赤沢の上流部に位置する。日本では珍しい天然間欠泉で、特別天然記念物。栗駒(くりこま)国定公園に属する。雌釜は10~30分ごとに約3分間、高さ約3~4mの熱湯を噴出していたが、台風などの風水害により活動は低下している。雄釜は現在、活動を停止。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雌釜-雄釜の関連キーワード大崎三本木大崎市ゲイシールおおさとくにの松原おおさき大崎遺跡大崎岡古墳大崎連オールド・フェースフル間欠泉

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone