コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雑誌白樺

1件 の用語解説(雑誌白樺の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

雑誌白樺

1910年4月に創刊号が出され、23年8月までに計160号が発行された。武者小路実篤志賀直哉らの「望野」、里見とん(とん)、園池公致(そのいけきんゆき)らの「麦」、柳宗悦、郡虎彦らの「桃園」という三つの回覧雑誌が合同し、有島武郎らが合流して創刊。同人は学習院にゆかりがある上流階級の子弟が占めた。人間の生々しい現実を描く自然主義に対抗。人道主義的な傾向を示した。セザンヌゴッホなどポスト印象派の図版も多数掲載した。

(2010-04-03 朝日新聞 朝刊 朝刊文化)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雑誌白樺の関連キーワード新潮デービス初号芸文創刊号水甕岡部文夫鈴木伝五郎野沢節子「歌劇」「宝塚グラフ」

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone