難病(特定疾患)の認定

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

難病(特定疾患)の認定

国の難病に認定されるには(1)病例数が少ない(2)原因が不明(3)効果的な治療法が確立していない(4)生活面で長期にわたり支障をきたす――が要件になる。不定期に開催される厚労省健康局長の諮問機関「特定疾患対策懇談会」(22人)での取りまとめを受けて認定される。現在、123疾患が「特定疾患」と認定され、治療方法の確立に向けた研究の対象になっている。そのうち45疾患は医療費が公費負担助成の対象。4月から新たに7疾患が認定される。

(2009-03-12 朝日新聞 朝刊 都 2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android