コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雪兎・雪兔 ゆきうさぎ

大辞林 第三版の解説

ゆきうさぎ【雪兎・雪兔】

盆の上などに、雪で兎の形を作ったもの。ユズリハを耳に、ナンテンの赤い実を目にする。 [季] 冬。 《 -つくる雪塊銀盆に /西島麦南 》
ウサギ科の哺乳類。頭胴長55センチメートル 前後、耳は8センチメートル 前後。夏毛は茶色、冬毛は耳の先端が黒いほかは全身白色。樹皮・小枝・葉などを食べる。ヨーロッパの山地と北部地域、シベリア・カムチャツカに分布。日本では北海道に分布する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone