コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雪兎・雪兔 ゆきうさぎ

大辞林 第三版の解説

ゆきうさぎ【雪兎・雪兔】

盆の上などに、雪で兎の形を作ったもの。ユズリハを耳に、ナンテンの赤い実を目にする。 [季] 冬。 《 -つくる雪塊銀盆に /西島麦南 》
ウサギ科の哺乳類。頭胴長55センチメートル 前後、耳は8センチメートル 前後。夏毛は茶色、冬毛は耳の先端が黒いほかは全身白色。樹皮・小枝・葉などを食べる。ヨーロッパの山地と北部地域、シベリア・カムチャツカに分布。日本では北海道に分布する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

雪兎・雪兔の関連キーワードヨーロッパナンテン西島麦南ユズリハ哺乳類山地分布小枝樹皮夏毛冬毛前後

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android